最高の体験を追求し続ける

人間にとって品質の高いビジネスシステムの創造

ビービットの理念 - 人間を探求し、真の品質を問う

人間の心理や行動特性を探求することで、真に役に立つ高品質な製品やサービスを創出し、豊かな社会の実現に貢献する

ビービットのすべての活動の起点は理念です。私たちが考える「豊かな社会」は、人間特性に合った社会です。その実現のために人間を探求し、真に品質が高い状態とは何かを問い続けることを大切にしています。

主要事業であるコンサルティングやソフトウェアのサービスはもちろん、研究開発(R&D)活動においても、新たな人間理解への挑戦と品質の見える化、改善に取り組んでいます。

良い売上と悪い売上 - 利益の表情分析

利益や効率の追求は誰の目にもわかりやすく、ビジネスシステムの品質を検討する上で重要な変数ですが、利益を上げる活動にどのような感情が伴っているのかまで考慮しなくては、真に品質が高いビジネスであるとは言えないと私たちは考えます。

私たちはそれを「利益には表情がある」と表現し、企業の利益を良い売上と悪い売上に分解します。良い売上とは顧客の課題を解決した結果、顧客が「この製品・サービスを買ってよかった」と心から感謝して支払った対価です。一方、悪い売上は、どんな理由があったとしても顧客にとっては納得感が薄く、感謝できず、もうその会社からは買わないという想いを抱きながら支払う対価です。

「良い売上」に焦点を当て、「悪い売上」を排除することでロイヤルカスタマーとの関係構築による経営を実現し、安定した事業基盤の上で「役に立つ」ことを競争するビジネス社会を実現したいと考えています。

行動観察 × プロトタイピングによる体験設計

ビービットは創業した2000年以来、ウェブサイトやデジタルサービスを対象とした行動観察を積み重ね、使いやすいインターフェース、ユーザにとって価値があり、使い続けてもらえるサービスの条件について、徹底して探究してきました。近年は行動観察の手法を店舗改善やコールセンターの業務設計にも展開し、年間1,000人以上に対する行動観察調査を継続的に実施しています。

行動観察において重要なポイントは、ユーザのリアルな反応をインプットとして、プロトタイピングを繰り返すことです。人間の意見は想像以上にあてになりません。意見ではなく、刺激に対する反応を見ることで初めて、ソリューションの妥当性を検証することが可能になります。

仮説を具現化(プロタイピング)し、行動観察によって検証するというプロセスを繰り返すことで、ユーザにとって真に品質の高い体験をクライアントとともに設計・構築していきます。

経営から日々の業務まで扱います

顧客ロイヤルティ経営コンサルティング

顧客への価値提供にフォーカスした経営・業務プロセスへの全社変革を支援します。

デジタルビジネスコンサルティング

ユーザ理解と体験設計を競争優位として、デジタル時代のビジネスの成功を支援します。

マーケティング支援ソフトウェア

日々の業務をユーザ視点で改善し、成果を創出するためのソフトウェアを提供します。

ビービットでは新卒採用、中途採用とも年間を通じて募集中です