京都大学工学部卒業。2009年に新卒でビービットに入社。ユーザー中心アプローチによるネットマーケティング手法の開発や、金融機関、大手保険企業などへのコンサルティングに携わる。現在は、企業が科学的にマーケティングを行って確実に成果を創出するための効果測定ツール「WebAntenna」の事業運営に携わる。

お客様の業務の理解が今の自分をつくった

新卒で入社しコンサルタントを経験後、ソフトウェア事業部に異動しました。ソフトウェア事業部では、お客様としっかりと向き合うクライアントサポートの部署を経て、現在、営業を担当しています。

これまでの業務を通してお客様としっかり向き合い、お客様の日々の業務をしっかり理解することが、今の自分の力になっていると感じています。

ソフトウェアではなく、あるべき業務の仕組みを実現する

ビービットのソフトウェア事業部においては、営業といえどもソフトウェアの販売が目的ではありません。クライアントが「ユーザを徹底的に理解してマーケティングを行う」ための仕組みが実現できることがゴールです。つまり、クライアントのユーザ中心の業務変革が目的です。そのため、お客様の現在の業務や実現したいことを深く理解していることはとても重要です。

マーケティング業務をユーザ中心にしていくためには、ユーザの仮説を考え、それを検証していくというサイクルが必須です。私たちは、クライアントのマーケティング業務をどのように変えていけば理想に近づけるかを提案し、ソフトウェアの活用を通じて、運用よりも仮説づくりに重点を置いたユーザ中心の業務の実践をサポートしています。その過程でお客様が仮説を元にお話して下さるようになったり、ユーザをきちんと捉えて施策を打った結果、大きな成果が出たという話を聞くと本当にやりがいを感じます。

通常、ソフトウェアというのはテクノロジーの粋を尽くした機能が満載になっていて、「あれもできます、これもできます」と勝負するモノが一般的です。それを使って何を実現するのか、誰のために必要なのか、ということが考えられていないことが多々あります。多種多様な機能があるということは使わない機能が多数あるということと同義です。色々機能がある割に使いづらくて使わない、分析しないので何が起きているのか分からない、という話を聞くと、本当に残念な気持ちになります。

ビービットのソフトウェアは、お客様の業務を徹底的に理解して、必要十分な機能を徹底的に作りこんでいるので自信を持ってサービスを提供することができますね。

未来を提案する

私たちは年間に何百というお客様に触れ、お客様の業務や日常の悩みを深く理解しています。お客様のあるべき業務の実現のためにシステムによってどう支援するべきなのか、お客様が何を求めているのかといった情報を社内にフィードバックして、よりお客様の役に立つソフトウェアを作っていくのが使命だと考えています。

ビービットでは新卒採用、中途採用とも年間を通じて募集中です